ANTIQUE - SEIKO / セイコー


SEIKO
1881年服部時計店として創業。1892年に時計製造工場「精工舎」を設立し掛け時計の製造を開始。1895年に国産初の懐中時計”タイムキーパー”を製造、1913年国産初となる腕時計「ローレル」を完成。1950年本格的な3針時計”スーパー”、1956年国産初の安定した品質を誇る自動巻き”マーベル”、1959年学期的な自動巻き機構を搭載した”ジャイロマーベル””クラウン”、1960年にはスイスのクロノメーター優秀級に匹敵するセイコーの最高峯”グランドセイコー”、グランドセイコーに次ぐ高級品”キングセイコー”を発売。その後東京五輪の公式時計を担当したのを機に電子時計を開発、1969年にはついに時計史を変える業界初となるクオーツ時計”アストロン”を発売し世界に名を轟かせた。当時の機械式時計の精度は日差±15〜20秒、平均駆動時間30〜40時間。それに対し日差±0.2秒、電池駆動で1年以上の持続時間実現したアストロンはセイコーを世界のトップブランドに押し上げた。
Item no. SK-51
SEIKO SEIKO UNIQUE ユニーク
SOLD OUT
1955年から第二工場(亀戸)で1958年後半まで製造されたスーパーを継承した姉妹モデルの中三針です。
more information
Item no. SK-44
SEIKO SPORTSMAN スポーツマン
SOLD OUT

1960年より諏訪精工舎で発売開始された若年層向けの普及型。

Item no. SK-45
SEIKO 新10B型 10石 手巻き
SOLD OUT
1947年亀戸工場で製造開始。小ぶりの文字盤に配置されたパーツに古き良き時代を感じるモデル。



Copyright © 2010 Boule Vard All rights reserved